巷の良い仏壇の見分け方、選び方。

良い仏壇の見分け方、選び方

巷の「良い仏壇の見分け方」

 一般的に言って「良いお仏壇の見分け方」と総称できるものを、インターネットや刊行物などで、時々見かけます。

 そのお陰様で、その内容をご覧になられたお客様が当店にお見えになられた時に、「良い仏壇」と「そうでない仏壇」を見分ける参考として下さり、重宝する場合もございます。

 「場合も」と申しましたのは、当然そうでない場合もございます。

   

 仏壇屋である以上、やはり自分の店の仏壇を、お客様にはご購入して頂きたいと思うのは当然のことかと思います。

 そのために、自分の店の仏壇の特徴を最大の利点として、お客様にお伝えしようと思うのではないでしょうか。

 それで、このことを「良いお仏壇の見分け方」で反映させるのは決して悪い事ではなく、ご購入を促すために当然とるべき戦略であり、そのために苦労して作成した「良いお仏壇の見分け方」を活用して、売り上げにつなげる事は同業の者として感心いたしますし、見習うべき姿勢であるとも思います。

 そこで、お客様が今までご覧になった事のある「良いお仏壇の見分け方」が、以上のような観点から作成された可能性があるにもかかわらず、(極端に言えば)、

 全国共通の見分け方だと思われてしまい、他の仏壇店でその事を当てはめますと、「いい物」も「そうでない物」も、逆に見分けがつきにくくなってしまう事も起こり得ます。

 仏壇は、全国的に同じ作られ方をしているのではなく、地方地方によって作られ方が違います。

 たとえば、「良いお仏壇の見分け方」に、お客様があまり見る事のない一部分をとらえて、「皆様があまり目にしないこのような部分まできちんと仕事がなされているお仏壇こそが良いお仏壇です。」などと記述してあったとすれば、それは本当のことかもしれませんが、

 その仏壇店は、そこの部分に特徴があるのであり、他の仏壇店で良いお仏壇の条件に当てはまるとは限りません。

 というわけで、「良いお仏壇の見分け方」等が、当該仏壇店の特徴に特化している、あるいは、当該地方の仏壇の特徴に特化されている可能性があるわけですから、その「良いお仏壇の見分け方」等のみで、実際に行かれた仏壇店の仏壇を判断されずに、あくまで参考程度にとどめて、やはり一店一店違う特徴を持ったお店の話を納得のいくまで聞かれる事が、一番の「良いお仏壇の見分け方」になるのではないでしょうか。

 特に本当に良いお仏壇は、出来上がってからでは見る事のできない箇所も、しっかりとした仕事がしてあるものだと思います。ところが、見る事のできない箇所の話は「その仏壇店が信じられるかどうか」、だけになってしまうような気がします。

 信じられるかどうかを判断されるならば、やはり何度か当該の仏壇店(別に一店舗と限らず何店舗でも)を訪れて、しっかりと話を聞かれることだと思います。

 そして一生涯(場合によっては、ご子孫に至るまで)お付き合いのできそうな(つまり、あまり遠くではない)仏壇店をお選びになって、お客様にとっての最良のお仏壇をお求めになられてはいかがでしょうか。

 最後は、私ども仏安仏壇店に特化したお話ですが、私どもも上記のようにお客様から信頼され、ご先祖様からご子孫様に至るまでの長いお付き合いをさせていただけるような仏壇店を目指して、お客様にとっての最良のご提案をさせていただくよう心がけ、精進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

愛知県内の方のみ限定(愛知県近郊の方はご相談ください)

電話番号

   
  

関連記事

  

故人と繋がる仏壇

故人と繋がる良い仏壇とは