無意識の中の仏壇

無意識の中の仏壇

あなたの無意識の中の仏壇

 私の40代半ばの友人の話ですが、彼は、20代半ばで生家から引っ越し、今は違う家に住んでいます。その彼は、寝てる間の夢で、生まれ育った生家の夢は見ても、今住んでいる家の夢は、未だかつて見たことがないそうです。

 彼がいうには、「自分にとっての家は、無意識の中では、未だに生まれ育った家なのかもしれない。」また、「ひょっとしたら、住んでいる年数が逆転したら、今住んでいる家が、無意識の中でも自分の家になるのかもしれないが、年少期の記憶はそれ以上に強力で、変わらないのかもしれない。」とのことでした。

 私は、この話を興味深く聞いていたのですが、それだけ、「普段まったく意識していない日常生活環境が、その人の無意識に刻み込まれているのかな。」と感じました。人によって、このような感覚は、色々とあるのかもしれません。このことを仏壇で考えると、年少期から仏壇がある家庭に育った方は、ご本人が意識している、していないにかかわらず、相当程度、その仏壇の記憶が無意識に刻み込まれているものと思われます。

 仏壇の前では、必ず毎日、手を合わせることと思います。このことは、毎日の儀式であり、ルーティンであり、生活の一部かと思います。仏壇の前に座った時の心情は、毎日同じではないでしょう。日々の生活の中で、悩みや不安を抱えている時もあれば、嬉しいことがあった時、また、特に気負いもなく、平常心で手を合わせる時もあるかと思います。

 その手を合わせている時間は、その人の心情に深く関わっている時間帯です。自分の素直な気持ちを出したり、自分の心持ちを整理したり、もしくは、ほんの一時、素の自分に戻る時かもしれません。そんな時を、仏壇の前で毎日、毎日、繰り返していることと思います。

 仏壇は、住んでいる家や場所と同じように、通常は長期にわたって、その人の人生と共にあります。

 仏壇の買い替えをご検討されているような方でも、あなたの無意識に刻み込まれている仏壇が、あなたにとっての良い仏壇かもしれません。あなたにとっての最良の仏壇は、今あなたの住まいにある仏壇なのかもれません。

 もし、そのような仏壇が、オリジナリティに溢れる立派な仏壇で、なおかつ、傷んできているようであれば、仏壇の修繕・洗濯という方法もございます。修繕方法はいろいろありますが、新品同様に綺麗にすることも出来ます。

 もちろん、新しい仏壇に買い替えをしていただく方が良いケースもございますが、長年に渡って親しんできた仏壇が、新品同様に蘇ってくる感動は、何事にも代えがたいものかと思います。この感動は、あなたが毎日接してきた仏壇だからこそ、もたらしてくれるのかもしれません。

 もし、そんな感動の瞬間に、私もご一緒に立ち会うことが出来たら、誠にもって幸甚に存じます。

お問い合わせ

愛知県内の方のみ限定(愛知県近郊の方はご相談ください)

電話番号

   
  

関連記事

  

無意識の中の仏壇

あなたの無意識の中の仏壇

故人と繋がる仏壇

故人と繋がる良い仏壇とは

千年先を想う仕事

千年先を想う仕事

あの仏壇が我が家に来て

あの仏壇が我が家に来て

オリジナルの価値

オリジナルのものの価値

注文オーダーと進化

注文オーダーと伝統工芸の進化