仏壇の注文オーダーメイド、木地(木材・材料)の選び方。

木地の性質

木地の木材

仏壇に使われる木材の材料を木地(きじ)といいます。

木材にはご存知のように、樹木の種類により、それぞれ特有の性質があります。

お選び頂く木地によって仏壇の赴きが変わってきます。特に木地の木目をそのまま生かすデザインの仏壇では、木地によってかなり印象が変わるかと思います。

お客様のご要望をお聞かせ頂いて、最適な木地をご提案させて頂きます。

木地に使われる樹種

◆主に伝統的仏壇に使用する木地

ヒノキ(檜・桧)

●ヒノキ【檜・桧】

ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹

木理は通直で均質。狂いが少なく、加工性は良い。耐湿、耐水性が良く、保存性が高い。肌目は精で、表面を上手に仕上げると特有の光沢を出すことが出来る。特有の芳香を放つ。

寺社建築をはじめ高級建築材として使われるほか、造作材、建具材、家具材、曲物材など幅広く用いられる。日本特産種で、本州中部から四国、九州を経て屋久島に分布。

ヒバ(檜葉)

●ヒバ【檜葉】

ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹

やや軽軟な材で、加工性は良く表面仕上げは良好。心材の保存性は高く、水湿によく耐える。

乾燥段階で干し割れしやすい。抗菌性のあるヒノキチオールが存在することで注目されている。(同種のヒノキには含まれない。)

◆主に現代風な家具調モダン仏壇に使用する木地

ナラ(楢)

●ナラ【楢】

ブナ科コナラ属の落葉広葉樹

辺材は淡い紅色を帯びた白色、心材はくすんだ淡い褐色で、辺心材の境目は明瞭。

木理は交錯、肌目も粗いが、柾目面に虎斑といわれる独特な紋様を呈する。

重硬なため加工性もやや悪い。伸張・反張しやすく、特に乾燥は注意が必要。

タモ

●タモ

モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹

辺材は淡い黄白色、心材は淡い灰褐色で辺心材の境目は明瞭。木理はほぼ通直だが肌目は粗く、重硬で靱性・弾力性に富んでいる。

家具材、造作材、器具材、ベニヤ材、土木材などに用いられる。

特に、弾力性に富むのでバッドやラケット、スキー板などの運動具材として重用される。加工性・耐朽性は中程度。

チェリー

●チェリー【ブラックチェリー(Black Cherry)】

バラ科サクラ属の広葉樹

辺材は黄白色~桃色、心材は淡い赤褐色~濃い赤褐色で辺心材の区別は明瞭。木理は通直、肌目も緻密で心材は美しい光沢をもつ。

やや軽軟なため加工が容易で、表面の仕上がりも良好。乾燥時に狂いが出やすいので注意したい。

家具材、キャビネット、パネル材、ドア、楽器、モールディング材などに用いられる。使い込むほどに飴色に変色して高級感がある。耐朽性は中程度。

ウオールナット

●ウオールナット【ブラック ウォルナット(Black Walnut)】

クルミ科 の落葉広葉樹

木理が美しいため、古くから高級家具材や工芸用材として用いられる。チーク、ローズウッド、マホガニーと並んで世界的な高級材で、装飾材やツキ板として用いられる。

木質はやや重硬で狂いが少ない。木肌はやや粗いが、艶出し加工で美しく仕上がる。加工性も良い。

メープル

●メープル【ハードメープル(hard maple)】

カエデ科の落葉広葉樹

辺材は白色で淡い赤褐色の縞をもち、心材は淡い赤褐色。木理は通直で肌目も緻密であり、絹糸状の光沢がある。

重硬で加工性にやや難があるが、靱性が高く衝撃にも強いので割れにくい。収縮が大きいので乾燥には注意が必要。家具材、床材、楽器材、建築材などに用いられる。

衝撃性に強いのでボーリングのレーンやピンの素材として使われる。また、メジャーリーガーのバリー・ボンズがメープル材のバットを使用したことから、バッドの素材としても注目される。耐朽性は小~中程度。

ケヤキ(欅)

●ケヤキ【欅】

ニレ科ケヤキ属の落葉広葉樹

材はやや重硬で、耐湿・耐久性に優れる。一方、狂いや、あばれが落ち着くまでにかなりの乾燥時間を要する。

我が国広葉樹のなかで第一の良材として古くから建築材、家具材、建具材、造作材として幅広く用いられる。

特に寺社建築に重用されたり、農家の大黒柱としても用いられた。また、類似種と区別するため本欅と呼ばれることもある。

サクラ(桜)

●サクラ【桜】(ヤマザクラ 【山桜】)

バラ科サクラ属の落葉広葉樹

木質はやや重硬で強靭。木理ほぼ通直で木肌は緻密。加工性、着色性ともに優れ、磨くと光沢がでる。

乾燥はやや困難であるが狂いは少ない。高級家具材、楽器材、建築材、造作材、彫刻材などに用いられれ、耐久性は高い。

ブナ

●ブナ【椈】

ブナ科ブナ属の落葉広葉樹

肌目は精で、木理は一般的には通直である。材は重硬で均質であり、やや重硬ながら加工性は比較的良い。

耐朽性は小さい。乾燥と取扱いが適切なら用材としての価値を発揮する。

家具材(主に脚物家具)、スキー板、ベニヤ材、玩具材、楽器の鍵盤などに用い、特に曲木加工に適する。

 

以上が仏壇に主に用いられる木材になります。

その他の木材をご希望の方はご相談ください。

木材の材質について

仏壇や家具を作る木材には、自然そのままの無垢材や、人工的に加工した人工材等があります。仏壇に使われる主な木材の加工方法を、簡単にご説明致します。

●無垢材(むくざい)

原木から、木材をそのまま切り出したもの。

切り出した表面がそのまま仕上げ面になります。大自然の樹木そのものが持つ、木目、色調、風合い、温かみ、手ざわり等から、根強い人気があります。

一方で湿度の影響を受けやすく、反りや、ネジレ、割れが生じやすいのと、近年では良質の材料が高価になるなどの問題もあります。

●合板(プライウッド)

薄くスライスした奇数枚の原木を、お互いに木目が交差するように重ね合わせて、接着剤で貼り合わせて1枚の板にしたもの。

無垢材に比べて、反りや、ネジレ、割れに強い。

●突板(つきいた)

天然の原木を「かつらむき」のように薄くスライスしたもの。

仏壇や家具に使われるもので厚みは0.2~0.3mm程度。0.5~0.6mmのものは「厚突き(あつづき)」と呼ばれ、特殊な製品に使われます。良い木目だけを選別でるので無駄が少なく、これを合板などに圧着して仕上げます。

●天然木化粧合板

合板の表面に、天然木の突板を貼ったもの。

お問い合わせ

愛知県内の方のみ限定(愛知県近郊の方はご相談ください)

電話番号